女性の保険

最近は女性の生き方も多様化しました。結婚することもあり、そして一生独身で過ごすこともあり、または子供だけを自分で育てることもあり、それぞれの選択によって、かなりの自由度もでてきています。それゆえに学校をでてから数年働いて家庭に入るということは、すでにあまり現実的な未来像ではなくなってきています。例えば結婚したとしても、そのまま主婦になることはあまりなく、何らかの形で仕事を続ける必要がある人が殆どです。そのような状況の中で、女性自身が自分の為にかける保険が必要になっています。以前は世帯主、おもに男性に比重をおいて保険プランを練ることが殆どだったのですが、いまでは女性が世帯主になることや、一家の大黒柱、働き手になることは珍しくないので、そうなると何か起こった時のリスクを考慮にいれておく事が必要になります。女性では女性用の保険、つまり定期保険やガンなどに備えるガン保険などで十分だと思われていた女性の保険も様変わりして、より女性が欲しい部分をカバーする特別な商品がでてきています。定期保険なのに、しっかりボーナスがあったり、完全には掛け捨てでは無かったり、利益に敏感でお得情報が好きな女性にアピールするようなフレキシブルな保険が増えています。また女性でも収入の途絶えるリスクや病気リスクで子供の生活が心配になることもありますから、子供がいる方はより保障は手厚くしておいた方がいいでしょう。また独身でも、最終的に自分のお金で自分の老後はケアしたいものです。